弱酸性石けんと肌

弱酸性の石鹸

人気化粧品の中でも洗顔料やボディーソープ、石けんで弱酸性というフレーズが宣伝文句に使われています。

 

人の皮膚は弱酸性だから洗うほうも同じ方が良いという理屈ですが、実際のところどうなんでしょうか。

 

そのあたりについてまとめてみました。

 

 

弱酸性石鹸ってどんなもの?

pH値について

酸性・アルカリ性の測定基準にpH値があります。

 

pH値とは溶液の水素イオン濃度のことで、範囲は0〜14までとなっています。

 

中心の7が中性となります。

 

人間の皮膚はpH5程度なので弱酸性となります。

 

この値が酸性に近づくほど洗浄力も弱まります。

 

たいていの石けんはpH10くらいのアルカリ性であり、差が大きいから刺激が強いと言われるのですが、昔からトラブルもなく使われてきた石けんがそれほど刺激の強いものでしょうか。

 

実際は洗ってたりすすいでいるうちにお湯や水で薄められアルカリ度は低くなっていきます。

 

また仮にすすぎが不十分で成分が残ったとしても、肌の酸度で中和されます。

 

pH値の小さい洗顔料はどうなの?

これに対して人肌程度に調整されている酸性の洗顔料は、洗浄力が弱いはずなんですが実際はしっかり汚れを落としてくれます。

 

その理由は洗う力が弱い部分を補完する成分が入っているからです。

 

そこで登場するのが界面活性剤などのあまり皮膚に良いとはいえない成分です。

 

それほど悪影響の出ていない石けんのアルカリを避けてでも酸性を優先した結果、よくない成分によってバリア機能まで壊してしまうようでは意味がありません。

 

シャンプーなどは頭皮に入り込みやすいだけに要注意です。

 

肌が弱っている状態なら石けんの刺激がきつく感じることもあるでしょう。

 

でもその場合なら弱アルカリ性のものを使うことをおすすめします。

 

若干洗浄力は落ちますが、界面活性剤や乳化剤が入ったものよりは低刺激でしょう。

 

毛穴の汚れや古い角質の除去、酸化した皮脂を洗い落とすためにはpH10以上あることが理想ですが、酵素などを付加することで低刺激ながら洗浄力をアップさせることもできます。

 

石鹸は古くからずっと使い続けられている人気の洗浄剤です。

 

売る側の宣伝文句に流されず、余分な成分が入っていないものを求めるなら今一度石鹸のよさを見直してみてはいかがでしょうか。

 

最近はつかってみんしゃい○かせっけんなど、人気洗顔用石鹸がたくさん登場しているのでお試し下さい。

 

まとめ

弱酸性の石鹸について紹介しました。

 

洗浄力が弱いといっても別の洗浄成分が入っている可能性があります。

 

一概に弱酸性といううたい文句に踊らされないで選別していきたいですね。