卵殻膜の美容効果を解説!

卵殻膜の効果

アンチエイジングという言葉が流行りだしてかなり経ちますが、年々色んな化粧品が発売されています。

 

自分が目指すのはどんな肌の状態なのか、どうなりたいのか、どれだけのお金をかけることが出来るのかをまずははっきりとさせてから購入するのが大切ですが、ここ最近雑誌などでも頻繁に紹介されているのが、卵殻膜です。

 

そこでこのページでは注目成分「卵殻膜」について解説していきます。

 

 

卵殻膜ってどんなもの?

ゆでたまごの殻をむいたときに、取ろうと思ってもなかなか取れないしつこくへばりついているあの膜が卵殻膜。

 

にわとりの卵の殻の内側にある薄さがわずか0.07ミリほどの薄皮をさします。

 

卵殻膜の本来の役割

卵殻膜の役割

卵というものは哺乳類のようにへその緒でつながっているわけではありませんの、卵自体に生命を育む機能が備わっています。

 

それをしっかりと果たす役割をもつのが、卵殻膜なのです。

 

具体的には外部の微生物から雛を守り、発育の際には細胞の増殖や分裂を手助けして生命の維持や誕生を手助けする役割を担います。

 

つまりそれを人間の化粧品へ応用すれば、素晴らしい商品が出来ると考えて開発されたのでしょう。

 

卵殻膜には美容成分がたっぷり!

卵殻膜の主成分はたんぱく質ですが、それ以外にも18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸などで構成されています。

 

このアミノ酸が人間の皮膚組織がもつアミノ酸に非常に近い構成をしており、更にコラーゲンやヒアルロン酸という肌のうるおいに大きな影響を与える成分を同時に持っているのです。

 

古くはキズの治療にも使われてきました

古くは相撲部屋の力士やプロレスラーなどが傷の治療に使っていました。

 

効果として優れた皮膚の修復作用があり、通常の治療を施すよりも卵の膜を使った方が傷の治りが早かったと言われています。

 

また、それで治療した皮膚は固くならずに柔らかい弾力を持ち、次に切れにくく傷もつきにくい皮膚へと変化するのです。

 

古い中国の医学書によれば、傷ややけどの治療に使われていたことが書かれています。

 

そして日本の江戸時代には中国から伝わった知識で、卵の薄膜が使われていたという記録も残っています。

 

赤ちゃんの肌がぷるぷるなのはなぜ?

卵殻膜と赤ちゃん肌

人間の肌の約70%はコラーゲンで構成されていますが、人の肌に存在するコラーゲンには1型と3型があり、肌のハリやうるおいを維持するためには3型のコラーゲンの維持が大切なのです。

 

3型コラーゲンは別名で「ベビーコラーゲン」とか「柔軟性コラーゲン」とも呼ばれていて、赤ちゃんの肌にもっとも多く含まれています。

 

そのため、赤ちゃんの肌はぷるぷると弾んで柔らかく、毛穴など見えない美しい肌となっているのです。

 

しかしこのコラーゲン3型は、25歳前後をめどにして徐々に減少していきます。

 

繊維が柔らかく細い3型コラーゲンと、繊維が粗くて硬い1型コラーゲンの比率が逆転していくことが原因で、女性にとっての「肌の曲がり角」が発生するのです。

 

保湿性が高いコラーゲンから低いコラーゲンと移行してしまうために、肌はたるんだりシワが出来たりするのです。

 

卵殻膜なら赤ちゃん肌の必須成分を増やせる

そこで登場するのが卵殻膜です。

 

これには繊維芽細胞を活性化させる作用がありますので、肌に取り込むことで3型コラーゲンを増やすことが出来ます。

 

加齢や紫外線などのダメージによって鈍く、少なくなってしまった繊維芽細胞の働きを再び活性化させることで、失われた3型コラーゲンを補充出来ます。

 

ですから卵がもつ薄皮には、肌にハリと潤いをもたらす、というメリットがあります。

 

また、美しい髪や肌を維持するために人間が必要なものには、L-システインというアミノ酸の生成が必要であり、そのためにはシスチンが必要です。

 

このシスチンは大豆や小麦のたんぱく質の中にもたくさん含まれていますが、卵の薄皮に含まれるシスチン量はそれらの食品と比べて圧倒的に多いのです。

 

ですからシスチンを大量に含む卵の薄皮を使うことによってL−システインを生成し、一般的にはターンオーバーと呼ばれる肌の代謝を正常化させたり活性酸素を除去したりが出来ます。

 

L−システインは皮膚や髪の毛、爪などに多く存在していますが、シミやそばかす、肌荒れなどのトラブルがない健康的な肌を保つためには不可欠です。
しかし毎日の食事で摂取するには難しいので、食事以外でシスチンを摂取する必要があるわけです。

 

そこでおすすめなのが、卵殻膜を使った化粧品、ビューティーオープナーです。

 

ビューティーオープナー化粧品の魅力

卵殻膜とビューティーオープナー化粧品

ビューティーオープナーは国内の卵の薄皮を使った美容液の売り上げシェア第1位の商品です。

 

何とエキスを贅沢に95%も配合しており、代表ともいえる美容液で、定期コースの商品価格は初回が1980円となっています。

 

卵殻膜は卵の薄皮から抽出したエキスですから、副作用やアレルギーの心配をする方もいるでしょう。

 

しかし、卵の殻膜はたんぱく質とアミノ酸で構成されていて、成分自体がもともと人の肌や髪の毛に存在しているアミノ酸によく似ていますので、副作用の心配はありません。

 

ただし、微量でもアレルギー反応が出てしまうほど重度の卵アレルギーの方は、使用は見合わせましょう。

 

心配な方は医師にあらかじめ相談してからにした上で、使用前に必ずパッチテストをして、アレルギー反応が出ていないかを確認してから使うことが大切です。

 


卵殻膜の美容効果や副作用、おすすめ化粧品を紹介!関連ページ

レチノール
ヒト幹細胞培養液
シワ改善成分の効果と使われている化粧品は?