人気成分レチノールの効果は?副作用は大丈夫?

レチノールの効果・副作用

アンチエイジングに効果的な「レチノール」はこんな成分です

 

アンチエイジング対策に利用されることの多いレチノールにはいろんな効果があります。

 

で、よく化粧品などに記載されているレチノールというのは実は「ビタミンA」のことなんです。

 

ただの科学名ってことですね(科学名ってなんなの?と言われると困りますが笑)。

 

「ビタミンA」はレバーやウナギなど多くの食べ物に含まれている栄養素として有名で、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは体内に吸収されるとビタミンAに変わります。

 

身体に良い作用があることで知られていて、視力を維持したり皮膚や粘膜を健康にする働きがあるので、健康対策として取り入れられることも少ない成分です。

 

不足すると皮膚や粘膜が弱くなり、感染症にもかかりやすくなるため、ビタミンAが不足しないようコントロールすることが大切です。

 

レチノール=ビタミンA不足による影響

 

この成分が不足すると次のような変化がでてきます。

  • 紫外線の影響を受けやすくなって皮膚が乾燥する
  • 肌の色がくすむ
  • シワやたるみ・シミができやすくなる

全部肌への悪影響ですね汗。

 

つまり、美肌を維持するためには欠かせない栄養素といえます。

 

なおレチノールは、ビタミンEやビタミンDと一緒に取り入れることで相乗効果を期待できます。

 

肌に直接レチノールをつければ効率アップ

 

体内から届けると内側から少しずつ変化させていくことができますが、吸収されて肌に届くまでには時間がかかりますし、届けられる量も減ってしまいますので、効率的なケアを行いたいのなら直接肌に届けることが有効です。

 

現在多くの化粧品にはレチノールが配合されているので、成分表示を確認しながら選びましょう。

 

化粧品として使ったときに期待できる効果

 

ターンオーバー活性化

 

化粧品で取り入れる場合の効果として、ターンオーバーを促進させる働きは見逃せません。

 

古い角質を除去することであたらしい細胞の生成を活性化させることができ、除去する際にはメラニンも一緒に排出されますので透明感のある肌を作ることができます。

 

メラニンが溜まるとシミやくすみが目立つようになりますし、ニキビ跡もなかなか治りませんので、ターンオーバーの活性化はいろいろなトラブルに優れた作用を発揮します。

 

また、メラニン色素を作り出す細胞であるケラチノサイトがメラニンを作り続けないように働きかけることで、新たなシミやそばかすの予防をすることも可能です。

 

これらの作用が得られるのはピーリングの働きがあるためであり、古い細胞を強制的に排出させることで良いコンディションを保ちます。

 

肌表面のヒアルロン酸を増やす

 

表皮のヒアルロン酸を増やすことも注目すべきポイントです。

 

ヒアルロン酸が減ってくるとバリア機能がうまく働かずに外的刺激による影響を受けやすくなりますし、乾燥しやすくなります。

 

でも化粧品によるケアでヒアルロン酸を増やせれば、肌の保水力が高まってバリア機能も正常化されるので、日常生活の中で起こる刺激に過敏に反応しなくなります。

 

乾燥から守るためには必要なケアですし、潤いが足りなくなってきたと感じたら積極的にレチノールを取り入れたいところですね。

 

アンチエイジング対策にピッタリの成分です

 

アンチエイジング対策としては、真皮の線維芽細胞を活性化させることも良い作用をもたらします。

 

コラーゲンやエラスチンなどの真皮層にある線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンの生成を促すので、シワやたるみにも効果的。

 

加齢により毛穴が開いてしまうような症状にも良い変化が見られますし、全体的にハリのない皮膚にも効果的です。

 

皮脂の過剰分泌をコントロール

 

他にも、皮脂腺機能を抑えることで皮脂が過剰に分泌されないようにコントロールでき、オイリー肌解消にも役立ちます。

 

Tゾーンだけ皮脂の量が多いと悩む人もいるので、その場合は皮脂の多い部分のみに効率的に働きかけてバランスのいい肌作りができます。

 

紫外線ダメージを減らせる

 

日常生活では紫外線による影響もとても大きいので、紫外線によるダメージを減らせることも見逃せないポイント。

 

レチノールを補充すると、ビタミンAが紫外線を吸収して肌の細胞が傷つかないようにしてくれます。

 

紫外線による影響は、シミ・くすみ・乾燥・コラーゲンの破壊など色々ありますので、これらのダメージを受けないのはとてもいいことです。

 

 

このようにシミやくすみを目立たなくしたり、保湿力を高めて透明感を蘇らせたり、シワやたるみを解消する効果がありますので、幅広い肌の悩みを解決してくれる成分です。

 

レチノールの分子構造↓
レチノールの構造

 

レチノールに副作用はあるの?

 

ここまで読むと「レチノールってスゴい!」という感想も持つかもしれませんが、残念ながら副作用もありますので注意しておいてください。

 

もともとビタミンA不足な肌の場合

 

元々の肌がビタミンA不足に陥っているとレチノール配合の化粧品によって反応が起こり、乾燥やかゆみ、赤みなどを感じることがあります。

 

ただ毒性反応ではないので、慣れてくれば通常の状態に戻ります。

 

症状が酷い時には一時的に使用を取りやめなければなりませんが、そうでなければ使い続けて落ち着くのを待つことも可能です。

 

医薬品のレチノールは強い反応がでることも

 

実はレチノールにもいくつかの種類があって、医薬品でなければ刺激の強いものは使用されていません。

 

医薬品にはトレチノリンという強い作用を持つ成分が配合されているので、浸透力や効き目は強力ですが強い副作用に見舞われることもあります。

 

それに対し化粧品に配合されているのはどれも刺激の弱いものばかりなので、刺激によってトラブルが起こるようなことはあまりありません。

 

まとめ

 

化粧品の成分表示でもよくみかける「レチノール」の効果や副作用についてまとめました。

 

自分の肌の状態によっては軽いかみみなどの副作用ができることもありますが、基本的に低刺激なもの。

 

界面活性剤などの添加物ほど肌に悪影響がでる成分でもないので、あまり心配することはないでしょう。

 

それにしても、「レチノール」って書かれるとたいそうな成分に思えるんですが、ビタミンAとわかるとありがたみがなくなってしまいますね笑