化粧品の成分表記からわかること

日本では2001年4月から成分がすべて表記されるようになりました。

 

これにより消費者の成分への感心が上がってきました。

 

ただ実際に見てみても専門的な名称で記載されているためすぐにはわかりません。

 

実はメーカーの専門家ですらわかっていないこともあるのです。

 

今は次々に新成分が増えていること、同じものでも名称が違うものがあるため、覚えるのは大変です。

 

そのため必要最低限のものだけ知っておきましょう。

 

 

知っておきたい成分表記

防腐剤、酸化防止剤、香料、界面活性剤についてはぜひ知っておきたいものです。

 

製造側に人気の防腐剤にはパラペン・フェノキシエタノールなどがあります。パラペンは○○パラペンと種類ごとに表記されています。

 

香料には天然ものと合成ものがあります。天然香料は高価です。

 

合成ものは安価になりますが、刺激が強かったりアレルギーが出たりとデメリットもあります。

 

界面活性剤は、ラウリル硫酸ナトリウム・プロピレングリコールなどに注意。まずは自分が気になるものからチェックしていき、少しずつ知識を身につけていくといいでしょう。

 

有効成分が表記されている位置

「○○エキス配合」などの有効成分をうたい文句にしている商品は、それがパッケージ表記のどこに位置しているかが目安になります。

 

有効成分には効果がでる必要量というものがあるため、それ以下しか入っていないなら無意味だからです。

 

しかし、消費者にそれを判断する術はありません。

 

配合量などは企業秘密部分でもあるので具体的な数字を公表することはありえないのです。

 

ただ、表示されている順番には含まれる量が多い順という決まりがあるため目安にはなります。

 

配合量1%未満のものは順不同で表記できるんですが、少量でも植物エキスなどイメージのいいものは前のほうにかかれることがほとんどです。

 

医薬部外品と人気化粧品

人気スキンケア商品の中には医薬部外品もあります。

 

これは医薬品に準ずるものとして、病気や怪我に「効果が期待できる」レベルのものです。

 

主に予防として使うものですね。対して化粧品は身体をきれいにしたり、健康に保つ目的で使う効果が緩和なもののことです。

 

こう書くと医薬部外品のほうが効果がありそうにみえますが、2001年4月の法改正で全成分表記が義務づけられた際、これは除外されています。

 

そのため当時は急激に医薬部外品が増えました。

 

要は隠したかったわけですね。

 

その後2006年4月には医薬部外品も全表示になったわけですが、あくまで「効果が期待できる」レベルに配合量を制限されてしまうため、いくらでも入れられる化粧品のほうが効果が高いこともあります。

 

結局は表示されているものをチェックし、自分でテストしてみるしかありません。