安いコスメと高いコスメは何が違うの?

安いコスメと高いコスメの違い トップ画像

 

世の中には、さまざまな価格帯のコスメが販売されています。数百円で買えるようなものから、なかには何万円もするような高級コスメまで、幅広い価格のコスメが売られています。

 

ところで、あなたは値段の安いコスメと高いコスメの違いは、なんだと思いますか。

 

やはり高級なコスメのほうが、美容効果が高いのでしょうか。では一方の安価なコスメは、中身をケチっているから安いのでしょうか。

 

安いコスメと高いコスメの大きな違いには、大きく3つの理由があります。

 

安いコスメと高いコスメで見られる3つの違い

 

それは、「広告費」「見た目」「原材料費」の3つです。

 

1つ目の違い・・・広告費

 

まず、「広告費」に関しては、安価なコスメと高価なコスメでは、投資されている広告費に大きな差があるのです。

 

化粧品を作っている会社は、新しい商品を売り出す時に、その商品がより多くの消費者に手にとってもらうために、雑誌やSNSに広告を出したり、CMを作ってテレビで放送したりと、さまざまな宣伝活動をします。

 

なかには、有名な女優さんをブランドの顔として起用し、自社の化粧品のイメージアップをはかるメーカーもあります。

 

でも、大体的な宣伝活動には、当然それなりのお金がかかるものです。

 

その広告費は、その商品を売ることで回収するものなので、必然的にその商品の販売価格に上乗せされ、結果として商品の価格が高くなるのです。

 

ですから、広告をたくさん作って積極的に宣伝が行われた化粧品の値段は高く、逆に、それほど宣伝活動を行わなかった化粧品の値段は安くなる傾向があるのです。

 

これが、安いコスメと高いコスメの違いのひとつめです。

 

2つ目の違い・・・見た目

 

コスメの見た目

 

ふたつめの理由は、「見た目」です。

 

化粧品の値段を決める要素のひとつとして、化粧品のパッケージや容器のグレードがあります。

 

思い出してみてください。

 

いつか使ってみたいと憧れるあのブランドのクリームは、とってもきれいで重厚感のある瓶に入っていませんか。

 

また、その化粧品が入っていたパッケージも、厚みのあるしっかりとした紙箱で、そのブランドのイメージにぴったりの素敵なものではありませんか。

 

このように、高いコスメはそのブランドのイメージや価値を高く保つため、化粧品自体の「見た目」にもこだわる傾向が強いのです。

 

パッケージや容器にこだわることは、パッケージの製造に関わる材料費やデザイン料に、それ相応のお金をかけていることを示します。

 

この費用もまた、化粧品の販売価格に上乗せされます。

 

一方の安いコスメは、パッケージや容器をシンプルなものにとどめ、価格を抑える傾向にあります。

 

安価なコスメを製造しているメーカーは、パッケージや容器を高級感を演出する面よりも、商品の品質を保つ機能的な面を重要視しているのでしょう。

 

3つ目の違い・・・原材料費

 

最後の理由は、「原材料費」です。

 

化粧品には、実にさまざまな成分が含まれています。

 

たとえば化粧水は、ベースとなる「水」をはじめとして、保湿成分として「ヒアルロン酸」や「セラミド」、美白を目的にした「ビタミンC誘導体」や「プラセンタ」、また製品自体の品質を保つための防腐剤や酸化防止剤など、たくさんの成分で構成されています。

 

これらの化粧品成分にも、当然ながらそれぞれに値段があります。

 

その原材料そのものを作るのにかかるコストに違いがあるからです。

 

ですから、どのような成分を化粧品に配合するかで、化粧品の値段が変わってくるのです。

 

高価なコスメを販売しているメーカーは、値段よりも高品質なものを求める顧客に支えられているので、値の張る原材料を使用し、効果を最大限に高めた化粧品を作ることが可能です。

 

逆に、一定以上の品質であるならば、高いものよりも安い化粧品を求める顧客に支えられているメーカーは、安価な原材料の中で一定程度の効果を感じられるコスメを作っているのです。

 

安いコスメは品質も低い?

 

安いコスメ 画像

 

ここまでで、高いコスメのほうが値段に見合ったコスメだと感じたかもしれません。

 

でも、だからといって、安価なコスメが高価なコスメに品質的に劣る、という訳ではありません。

 

というのも、たとえ高価なコスメだからといって、すべてのコスメが原材料にこだわって製造した結果、値段が高くなった、というわけではないからです。

 

前述したとおり、高価な化粧品が高価たる理由は、その商品の品質向上のためにかけられた費用だけではなく、広告費や見た目の美しさにかけられた費用によるところの可能性も高いからです。

 

また、原材料費を多くかけられない安価なコスメであっても、選びようによっては、充分な効果を感じることは可能です。

 

なぜなら、たとえ安価な成分を使っていたとしても、その成分が使用する人の目的やお肌に合っているならば、充分に期待された効果を感じられるからです。
値段が張るけれども高い効果が期待できる成分を含む効高価な化粧品ほど劇的な美容効果は望めませんが、安価な成分のみを配合している化粧品であっても、緩やかかつ穏やかな美容効果を期待することは可能なのです。

 

以上が価格の安いコスメと高いコスメの大きな違いになります。

 

あなたもこれらの違いを意識した上で、化粧品を賢く選択してみてください。

 

まとめ

 

安いコスメと高いコスメの違いについて紹介しました。

 

一部本当に原材料費が高いものもありますが、多くのコスメでは広告費や見た目のデザイン代などにコストがかかっているため価格に反映されています。

 

それよりも昔から知られている宣伝がそれほど必要ない安いコスメのほうがあなたの肌と相性がいいかもしれません。

 

多くの日本人がいままで使い続けてきた実勢があるわけですからね。

 

長く発売されているコスメはそれだけ信頼性も高いと言えます。