写真映えする化粧のやり方は?

写真映えする化粧方法

自撮りするといつも微妙な感じになっていませんか?

 

  • 鼻の低さや唇の薄さや目の腫れぼったさなど顔の欠点やコンプレックスが全て顕著になってしまう
  • 加齢に伴う皮膚のたるみとむくみと肥満が合わさって顔が一回りも二回りも大きく見える
  • 二人以上で写真撮影をするときは顔の大きさをカモフラージュするために一歩下がる癖がついてしまっている
  • 肌が白浮きして膨張してしまったりくすみや黒ずみが際だったり肌色補正が上手くいかず安定しない
  • 鏡に映る自分の顔と写真に写った自分の顔が違い過ぎて毎回びっくりする
  • 時間をかけてしっかりとフルメイクをしているのに何となくぼんやりとした印象になってしまう
  • 客観的に見るとかなり厚化粧でおばさんっぽい古臭い顔に見える

 

このような写真写りの悪さにまつわる悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

 

そのときのコンディションやカメラの性能や撮影場所やシチュエーションや天候や角度や距離や表情や撮影者の技術レベルなど、写真写りが悪くなってしまう原因には様々なものがありますが、メイクもその一つです。

 

写真写りを良くしてフォトジェニックな顔を手に入れたいなら、写真映えする化粧を意識すべきです。

 

そこで写真映えする化粧のやり方を紹介していきます♪

 

 

写真映りが良くなる化粧のやり方

 

写真映えする化粧のやり方についてですが、

 

  • 欠点やコンプレックスを隠すためにただファンデーションを厚塗りするのではなくシミやニキビやクマなどの気になる部分はコンシーラーでカバーしておく
  • 顔色の悪さや頬の赤みや全体的なくすみや色ムラがある場合はコントロールカラーを用いて肌色補正をする
  • アイシャドウやチークやリップなどのポイントメイクはなるべく発色が良いものを選ぶ
  • のっぺりとした印象にならないようにするためにハイライトとシェーディングを駆使して立体感を演出する
  • 光を味方にできる下地やファンデーションやハイライトを選んでツヤ感や透明感や抜け感やトレンド感を出す
  • 目の周りをアイライナーでがっつりと囲むのではなくアイシャドウでグラデーションを作る
  • マスカラで縦のラインを強調して目を大きく見せる
  • アイブロウは全体的なバランスを見ながら太さや色や質感や長さを調整する

 

などがあります。

 

欠点隠しはコンシーラーでピンポイント対策!

写真映えする化粧方法 コンシーラーで対策

ニキビやニキビ跡や老人性色素斑やそばかすや肝斑やクマなどの欠点をファンデーションで隠そうとすると、どうしても厚塗りになってしまいおばさんっぽさや古臭さが出てしまいます。

 

写真に写ったときに白浮きして顔が大きく見えてしまいますので、欠点はコンシーラーを使ってピンポイントで隠すべきです。

 

クマやそばかすなどは伸びの良いリキッドタイプのコンシーラーが適していますし、ニキビやニキビ跡やシミなどはスティックタイプのカバー力が高いコンシーラーを使うのがおすすめです。

 

コンシーラーの使い方

コンシーラーを伸ばしすぎたり広げすぎたりすると欠点が上手く隠れませんので、外側に広がらないように注意しながら叩き込むようにして馴染ませましょう。

 

赤みやくすみやなどの広範囲にわたる欠点は、コンシーラーではなくコントロールカラーでカバーすると写真映えが良くなります。

 

くすみを取り除いて明るい素肌に導きたいならラベンダー系やピンク系、頬の赤みをカバーしたいならブルー系やグリーン系、顔色の悪さを解消させて血色の良い肌に見せたいならオレンジ系やイエロー系という色選びをするのが良いでしょう。

 

立体感を付けて小顔に見せる

全体的なのっぺり感や顔の大きさが気になっているなら、フェイスラインにシェーディングを入れて引き締まったシャープな輪郭に見せる野も大事。

 

また小鼻にノーズシャドウを入れてスッキリとした印象の鼻に見せる、おでこや目の下や鼻筋や顎にハイライトをのせて高く見せるなどの工夫を施して立体感を出すと、のっぺり感が解消されて小顔効果が期待できます。

 

シェーディングとハイライトのコントラストが強すぎたり境目がくっきりしていたりすると違和感やわざとらしさが出てしまいますので、境目はうまくぼかして目立たないようにさせておきます。

 

ブラウンのアイシャドウでデカ目効果

写真映えする化粧方法 アイシャドウで対策

アイメイクについてですが、目の周りをブラックのアイライナーでがっつりと囲んでしまうと、写真に写ったときに目が小さく見えてしまいます。

 

デカ目効果を狙うなら、ブラウンのアイシャドウを使ってグラデーションを作って奥行きや立体感を出すべきです。

 

目の際は濃いブラウンで引き締めて、外側にいくにつれて薄くなっていくようにグラデーションを意識しながらブラウンのアイシャドウを馴染ませます。

 

アイラインは目尻のみに入れて横長のラインを強調し、縦長のラインはビューラーとマスカラで強調するとバランスよく仕上がります。

 

光を味方にするツヤ肌の作り方についてですが、オイルやパールが配合された化粧下地を薄く均一に丁寧に馴染ませ、コンシーラーやコントロールカラーで欠点をカバーします。

 

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの良い部分を兼ね備えたクッションファンデーションを使うと、抜け感や透明感が出ます。

 

グロウスティックやパール配合のハイライトでツヤをプラスすれば、写真映えばっちりです。

 

リップやチークは控えめ過ぎると写真にキレイに写りませんので、写真映えを重視するなら発色の良い鮮やかなカラーを選んでいつもよりも大胆に馴染ませましょう。

 

まとめ

高性能なカメラを搭載したスマホが安く手に入る時代です。

 

気軽に写真をとれるからこそ写真映えは気になりますね。

 

写真映えを良くする化粧にはコツがあります。

 

ここで紹介したポイントを意識しつつ、ベストな写真映りになるよう気を付けてみてくださいね。