化粧品の有効成分

化粧品の人気有効成分キーワード

化粧品の人気有効成分は、保湿できているなどの条件さえ整っていればしっかり効果を発揮してくれるもの。ここでは保湿、シミやしわ対策、細胞の活性化などコスメを使う方にとって気になる成分をピックアップして紹介していきます。商品を選ぶときの参考にしていただけたら幸いです。ただ、ここで紹介する人気成分が入っているからいいものだと勘違いしてはいけません。何度も書きますが、いくら人気のある有効成分でも十分に保湿されたお肌だからこそ最大限に効いてくれるものだということを忘れないようにしてくださいね。

女性ホルモン様作用(イソフラボン)があり有効なもの

大豆エキス、大豆種子エキス、大豆発酵エキス、アカツメクサ花エキス、
イリス根エキス、プエラリア、ミリフィカエキス

コラーゲン合成作用があり有効なもの

ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルナトリウム、リン酸アスコルビルマグネシウム、
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)、サッカロマイセス、セレビジエ(酵母エキス)、
クスノハガシワ樹皮エキス、ヒドロキシプロリン、スターフルーツ葉エキス、トニスキン

美白作用があり有効なもの

ビタミンC誘導体、油溶性甘草エキス、コムギ胚芽エキス

細胞賦活作用があり有効なもの

コエンザイムQ10、アルテミアエキス(GP4G)、パルミチン酸エチノール(ビタミンA誘導体)、
アロエベラエキス、D.S.H.C(ジメチルシラノールヒアルロネート)

抗しわ作用(ボトックス様作用があり有効なもの

アニス果実エキス、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、リンゴ種子エキス

保水作用(つかむ)があり有効なもの

トレハロース(トレハラマンナ)、ヒアルロン酸、セラミド1・3・3B・6(細胞間脂質)、
フィトスフィンゴシン(細胞間脂質)、コレステロール(細胞間脂質)、アケビ茎エキス

保水作用(閉じ込める)があり有効なもの

クジェルマニエラギラタエキス(フコイダン)、ポリグルタミン酸(納豆菌由来高分子)、
バオバブエキス、紫欄根エキス

抗酸化作用があり有効なもの

アミノエタンスルフィン酸(ヒポタウリン)、酢酸トコフェロール(ビタミンE)、オリーブ葉エキス、
ペカン殻エキス、フランス海岸松樹皮エキス(ピクノジェノール)

毛穴のひきしめ作用があり有効なもの

緑茶葉エキス(タンニン酸・カテキン)、マッシュルームエキス

抗菌・静菌作用があり有効なもの

緑茶葉エキス、ガリカバラ花エキス

 

 

ピックアップした人気有効成分の詳細な効果については別項で解説しています。あわせてご参照下さい。

 

有効成分を確実に働かせる人気化粧品「ビーグレン」