正しい洗顔の仕方

正しい洗顔の仕方と洗顔料の選び方

正しい洗顔の仕方その1 ノーメイクやメイクが薄い日はクレンジングを使わない

クレンジング剤にはオイル・ジェル・クリーム・乳液などさまざまな種類があります。メイク汚れを落とす役割なのである程度強力でなければなりません。そのため肌への刺激も強くなります。普段からクレンジングと洗顔の2つを使っている方もいらっしゃると思いますが、ノーメイクだったり薄化粧のときは洗顔だけで十分です。できるだけ使わない方がいいのです。落ちてないかな?と感じたらもう一度洗顔しましょう。クレンジング剤を使うときは、できるだけ短時間に済ませることが大事。中に含まれている界面活性剤は強力なものなので、必要以上に皮脂が奪われバリア機能まで悪影響を与えてしまいます。

 

正しい洗顔の仕方その2 メイクの落とし方

マスカラや口紅などしっかりメイクをしたときにクレンジングは必須ですが、完璧に落とそうとしないように。あくまで軽く落とすことを意識して使いましょう。先ほども書いたようにできるだけ短時間で済ませることが大事です。つけるときは必要以上にこすってはいけません。そしてすすぎ段階でもぬるつきを必要以上に落とそうとしないことです。できるだけダメージを与えないように意識しましょう。手早く・やさしくが大事です。コットンでふき取るタイプは摩擦が強いので使わないほうがいいでしょう。

 

正しい洗顔の仕方その3 クレンジングの選び方

さまざまな種類のクレンジングが発売されていますが、敏感肌であるなしに関わらず低刺激なものを選びましょう。オイル・ミルクタイプなど種類によっていい悪いと言われますが、結局は使われている成分や配合量しだいでもあります。人の情報に左右されないで自分で使って判断するのが一番です。市場にオイルタイプが多いのは油性の汚れを落としやすいから。その分刺激も強くなりますが、使うオイルの種類や量を変えることでやさしくなっているものもあります。あとは落ちにくくなっているメイク用品をできるだけ使わないことも必要です。

 

正しい洗顔の仕方 その他のポイント

洗顔料にも、泡、クリーム、パウダー、石鹸などさまざまなタイプがあります。どれにも言えることですが、基本的にしっかりと泡立てることが大事。きめ細かな泡にすれば毛穴の奥まで汚れを落としてくれるでしょう。そして、こすらないようにやさしく洗うことです。すすぎはぬるま湯や水で洗顔料が残らないようしっかり洗い流しましょう。ここでもこすらないように。本当にきっちり洗い流そうとするなら、30回ほどすすぐくらいがちょうどいいでしょう。ちなみにぬるま湯とは人肌くらいの温度のこと。最後タオルで拭くときもこすらないよう注意します。ポンポンと押さえるように水分をとります。
洗顔料にもあわ立ちをよくするための界面活性剤が入っているため(天然成分の石鹸など入ってないものもあります)刺激を感じることもあるでしょう。そのためクレンジング同様低刺激なものを選ぶことをおすすめします。ただし、バリア機能を果たしてくれる皮脂も最低限は取り除かなければなりません。皮脂が酸化することでにきびの原因になったり肌がくすんで見える要因になります。脂性の方は多少洗浄力の強いものがいいでしょう。

 

敏感肌の方に。人気化粧品「ビーグレン」