化粧水 つけない

化粧水をつけないスキンケア法はほんとにいい?

皮膚科などの専門家が化粧水はつけない方がいいと言っていたり、水だけのスキンケア法が人気になったりしています。でも本当につけない方がいいのでしょうか。もちろん、添加物など余分な成分が入ったものならできるだけつけない方がお肌にとってはいいでしょう。また、正しいスキンケアや生活習慣をしていて、必要な栄養をしっかり食事でとり続けている人であればそういった方法もありだと言えます。しかし、出来ている人は少数なのが現実です。ほとんどの人には当てはまりません。すでに肌の保湿力が低下している人が化粧水をつけないスキンケア法をやってしまったら水分を失い逆に悪化することもありえます。十分な水分を補給するためにも化粧水は使うべきでしょう。

 

化粧水は刺激の少ないものをたっぷりと

化粧品の中で一番使用量が多く人気のあるものが化粧水でしょう。30歳くらいまでは十分な皮脂が分泌されているため水分の補給以外はあまり積極的にしなくても事足ります。たっぷりとつけて保湿することが最善です。水分が十分にない状態では、その後どんなに良い美容液をつけても効果は期待できませんからね。化粧水は今後ずっと使い続けるものであり、毎日朝晩と使うものです。それだけに刺激のないものを選ぶことが最優先事項です。また、たいていのブランドで「さっぱり」と「しっとり」の2種類用意されていることが多いのですが、さっぱり感を出すために入っているアルコールが刺激になったり、しっとり感を出すために入れられているオイルでベタつくこともあります。乾燥肌だからしっとりタイプだ、といったように自分の肌タイプを決め付けず、肌の状態を知ってから選ぶことが大事です。昔は肌の表面を潤すだけのものが多かったのですが、近頃は有効成分を浸透させるものが人気です。それだけに成分への注意が必要になっています。化粧水をつけるときは、手や指・コットンでつけると思いますが、注意したいのはこすらないことです。また叩くのもやめましょう。決して浸透力がよくなることはありません。つけるときはとにかくやさしく、刺激を与えないようにすることが大切です。

 

浸透力抜群で人気の化粧水なら「ビーグレン」